カラコンの正しいはずし方


カラコンの外し方

カラコンを使用したら、寝る前に必ずはずしましょう。

外さずに寝てしまうと大変な事になってしまう恐れがあります。

外し方ですが、まず目に潤いを与えておきましょう。
外す前に目薬を差しておくと取りやすくなります。

手を清潔にしておきましょう!
手洗いをしておきます。
この時タオルで手を拭きとってはなりません。

家族で共有して一つのフェイスタオルを使用している場合、タオルには既に菌がたくさんついています。
だからティッシュやキッチンペーパーで洗った手を拭きとって下さい。

そして、片方の親指と人差し指で瞼の上と下を持ち目を見開きます。
もう片方の親指と人差し指でコンタクトを掴むようにします。

するとするっと取れるでしょう。
でも爪があると、目に爪が刺さってしまうので、カラコンを付けるなら、爪は事前に切っておきましょうね。

スカルプネイルをしている人の外し方

偽の爪を作って、トキントキンにしている女性とかいますよね?
スカルプネイルで長い爪を持つ人は、目の中に指を入れるのも困難です。

そういう人は、細い綿棒を2本をお箸のように持ちます。
そして挟むようにしてカラコンを外します。

手で取れない時は、綿棒を使うようにしましょう。
しかし綿棒も清潔状態にしておかないとなりません。

きちんとフタがしまっていないと清潔とは言えないので、確認してくださいね。

現在筆者はネイルをしていないので、自分の指で外す事ができています。

若い時は長い爪に憧れて、スカルプネイルをしていました。
その時は、赤ちゃん用の綿棒を使って、挟んで取っていましたね。

でも濡れていない綿棒だと、取りづらかったので、裏技で保存液を綿棒に付けてから外しました。
そうすると、指で取っていた時のようにするっとコンタクトが取れてくれました。

長い爪の人は、綿棒を使ってください。

中には毛抜きで取るなんて人もいますが、金属製のもは柔らかい素材ではないので危険です。