ミランダ・カー


ミランダ・カーさんは、若い女性に人気の海外モデルです。吸い込まれるようなブルーの瞳に憧れてしまいます!そのため、ネットでもミランダ・カーさんを真似したメイクが色々なサイトで披露されています。

ざわちんが利用したのはFUNKY WHOIPのグレー

ものまねメイクで有名なざわちんさんも、過去にミランダ・カーさんの物まねメイクをブログで披露した時に、カラコンはFUNKY WHOIPのグレーを使用していました。しかし、ざわちんさんはこの時に、よりミランダ・カーさんの瞳の色の近づけるのであれば、写真上であれば、カラコンの加工アプリを使って黄色系のカラコンを使用したほうがより似せることが出来るとブログに書いてありました。また、他のサイトでも、日本人の瞳の色はどうしても濃いので、カラコンをしてもミランダ・カーさんのようなスカイブルーの瞳に似せるのは非常に難しいと指摘をしているサイトが多くあります。カラコンでもブルーはありますが、明るいブルーの瞳にできるカラコンは少ないようです。

カラコンの発色は着色直径がカギを握る

実際、瞳の色は、人によって違いますが、やはり日本人は黒や茶色の濃い瞳をしているので、ブルーのカラコンを使っても、どうしても黒みの強いブルーになってしまうケースが多いです。ブルーのカラコンは、ハーフのようなメイクをしたい人に人気がありますが、元の瞳の色の影響をうけるので、全員が同じような発色になるわけではありません。ブルーのカラコン選びは、自分の望む通りの色になるかというと、難しい問題です。

しかし、カラコンの着色直径が大きい方が、やはり発色は良くなる傾向がありますので、はっきりした発色を希望している人は、出来るだけ着色直径が大きいカラコンを選ぶようにするのがおススメです。カラコンの着色直径は、DIAとは違い、別に記載されています。これまでDIAばかりを気にして、着色直径をチェックしてこなかった人は、今度からカラコンを選ぶ時に着色直径の大きさも一緒に見るようにしましょう。